JAPANESE / ENGLISH

ブログ

Blog

2017.10.11

アクア・トト ぎふ

先日、家族で岐阜県にある「アクア・トト ぎふ」に行ってきました。
ここは世界最大級の淡水魚水族館で、
木曽三川・長良川の源流から河口までと、メコン川やアマゾン川といった世界の淡水魚や水辺に生息する両生類、爬虫類を展示しています。

以前から興味はあったのですが、子供がそろそろ楽しめるかなと思い行くことにしました。
いざ館内に入ると、子供は食い入るように魚を見て「サカナ、サカナ」と言いながらガラスにへばりつき終始楽しそうでした。
私自身も、海水魚のような華やかさはないですが、オオサンショウウオを見てこんなのが日本にいるのかと感心したり、
世界の淡水魚の大きさに驚き、楽しい一日を過ごすことが出来ました。
展示スペースは程よい大きさでルートを行ったり来たりすることもなく、子供づれが多いことからバリアフリーになっていて、見学しやすい水族館でした。

大阪の海遊館や名古屋港水族館もとても良い水族館ですが、たまには一風変わった水族館も良いですね。
近くにお越しの際はぜひ行ってみてください。

名古屋事業所生産部 吉村

2017.10.05

宝塚歌劇

大阪事業所 管理部の坂元です。

私の趣味のひとつに、宝塚歌劇があります。
この趣味は少女の頃から続いておりまして、かれこれうん十年になります。
舞台をみて、スターさんや作品、歌、ダンスの事などファン仲間とおしゃべりして楽しんでいます。
ご贔屓のスターがいる時は同じ公演を何度も何度も観ます。
これが楽しくて飽きないのです。
宝塚歌劇は関西発、103年の歴史があり伝統を伝えて次々とスターが誕生して、
夢のある華やかな世界を築き続けています。
これは素晴らしいことだと思っています。
ご覧になられた事がない方は是非一度、ご観劇してみてください。

2017.09.25

Tomorrow is another day

7月から横浜事業所に入社した白砂と申します。

私自身、生まれも育ちも横浜です!
横浜と言えば、なんといっても「横浜DeNAベイスターズ」ですね〜

昨年は球団初のクライマックスシリーズ進出!
そして、筒香選手がホームラン・打点の2冠王!
そんなベイスターズですが、2012年までは毎年毎年最下位のお荷物球団でした…
そんな暗黒時代を経て、中畑監督が種をまき、ラミレス監督がAクラスを争うまでの球団に育てあげたんです!

そんなラミレス監督が、試合に負けた際に「Tomorrow is another day」と言って締めくくる事があります。
ラミレス監督は「今日がどんな負け方でも、明日という日は必ず来る。
だからけっしてあきらめてはいけない。」という意味で使い、選手が決してネガティブにならないように努めているんです!
上に立つ人間として、素晴らしいモチベーターですね!!

私も新しい仕事を始めて、上手くいかない事も出てくると思いますが
「Tomorrow is another day」の精神で前向きにがんばっていきます!!

2017.09.12

今年もまたフジロックへ

昨年に引き続いて、今年も新潟県苗場スキー場で開催されるフジロック・フェステイバルへ参加しました。
ご存じの方も多いと思いますが、日本の音楽フェスの先駆けにして国内最大級の規模を誇ります。
開催3日間(前夜祭を含めると4日間)で国内外200を超えるミュージシャンが集い、会場内のいたるところで音楽が鳴り響きます。
わたし自身、初めて行ったフェスがこのフジロックであり、もう10年ぐらい前の初参加時はひどい雨でしたが、
大自然を感じながらの音楽体験にとても感動しました。
これぞ非日常的な(笑)。それ以来、ちょくちょく足を運んでいます。

今年もまた広い会場内を端から端まで歩き回って様々なアーティストを堪能。
明和電機がゲストで登場したトクマルシューゴや、六弦ベースを自在に操っていたサンダーキャットが特に良かったですね。
小規模なところに目を移せばワークショップや落語、大道芸で賑わっていたりします。
久々に3日間とも雨に降られるコンディションで、田んぼになってるような箇所もありましたが、
これも野外フェスならでは。なんだかんだで参加すればフジロックは素晴らしいなと最後には感じてしまうのです。

来年もこの非日常を味わえるように仕事をがんばっていきます。


名古屋事業所生産部 伊藤

2017.09.01

クライミング

大阪事業所の谷です。

趣味でクライミングをしてます。
昨今スポーツクライミングが東京オリンピックの競技に選ばれたこともあり、特にボルダリングが静かなブームになってます。
都市部ではクライミングジムが増えたこともあり、気軽に体験できるスポーツとして人気となってるみたいです。
クライミングジムでのボルダリングもとても面白いのですが、本来ボルダリングとは自然の岩(ボルダー)を登ることを目的として発展した経緯があります。
今でも全国各地でボルダリングの愛好者がどこかの岩によじ登っていて、ハイキングの人たちなどに変なものを見る目で見られたりもしてます。

そのほかのクライミングでは、安全の為のロープを付けて高い崖を登るリードクライミングなどがあります。
こちらのほうが、一般的にクライミングと言った時に思い浮かべるイメージに近い気がします。

後は、水面から立ち伸びる崖をロープ無しで登り、登りきらなければそこから水面にダイブする、ディープウォーターソロ(DWS)など。
こちらは日本では体験できる場所が限られてますが、海外では盛んに行われてるみたいで、タイなどで体験できるみたいです。

クライミング全般が、生涯スポーツと言われてまして、下は小学生から上は70代の方まで広く楽しまれてます。
各地のジムでも、初心者用の体験会が頻繁に行われてますので、一度体験してみたら面白くてはまるかもしれませんよ!