JAPANESE / ENGLISH

ブログ

Blog

2021.04.12

みかん

縁あって3年ほど前からみかんを作ってます。
主にみかんの種類は2つ。温州(うんしゅう)と青島(あおしま)。そのうちの温州を作ってます。
そろそろみかんの花のつぼみが膨らんできました
。
みかん作るってなかなかの苦労で、1年がかりで適所に肥料と殺虫、除草、摘果しないといけません。
1年勝負で、うまくいかなければやり直しは1年後。
1年に1回しか結果が出せないってほんと大変。いろんな解説書はあるもののなかなかうまくいかない。
育てる場所によって防除の仕方がやはり違う。

基本土日にしか手入れできないので休みの日に雨降ったら何もできない。
さあ、今年も始まりました。この時期の防除が大切です。
今年はうまくいくか?
でもうちの仕事とは少し違いますがモノ作りって、やっぱり楽しい。でも手間暇かかります。

味はなんとかうまくいってるのであとはお店に並んでいるような見た目。

3年目の今年。今度こそは。
ガンバルゾー!



名古屋事業所  営業  伊藤

2021.04.08

設立33周年 ご挨拶

いつもお世話になり、誠にありがとうございます。
株式会社ユージン 代表取締役の中山でございます。

おかげさまで本日4月8日、株式会社ユージンは設立33周年を迎えることが出来ました。
これもひとえにお客様、協力会社はじめお取り引き頂いている全ての方々、そして社員および
ご家族の皆様のご支援の賜物と心から感謝申し上げます。

さて、当社は発足以来デザインモデルやワーキングモデル製作に携わり、形状確認用の簡易な
ものから製品を超えるクオリティのものまで、様々な新製品開発のお手伝いをさせて頂きました。
昨今は、映像やライティングも含めた見せるモノづくりが当たり前となって来ましたので、製品開発
のみならず、多方面の方々のお役に立てるような、新しいモノづくりに挑戦しています。

挑戦の一つとして5年前から「エレキギター」や「エレキベース」製作を始めました。
当社の加工・製作ノウハウを活かし、演奏する人にとって特別な1本を作ります。素材、部品
から塗装表現、音質、重量に至るまでその人の嗜好や体格に合わせた仕上げにしています。
                            
また、近年はUVインクジェットプリントの技術に磨きをかけ、立体印刷の精度を増した製品を生み出し、
今まで当社が得意としてきた切削加工や表面処理技術と融合させています。
              
当社はこれからも独自の加工技術や製品を皆様に提供するため、研鑽を重ねて参ります。
引き続きご意見・ご要望、ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

2021.03.25

新しい家族

横浜事業所 鴨川です
昨年12月に新たに家族を迎える事になりました
と言っても、この歳で子供を授かったという話ではなく犬を飼い始めました

昨今、コロナ禍でペットを飼い始めるご家庭も増えているという話も聞きますが
在宅中は面倒を見る人もいるので飼い始めたが緊急事態宣言が明けると面倒を見切れなく
なり手放してしまうと言う悲しい話も耳にします

我が家では、SNSのペット里親募集に応募し1歳の柴犬を迎え入れました
元々、実家では犬を飼っておりいつか犬を飼いたいと思っていましたが我が家にはペットを飼うどころか3匹の猛獣がいたのでなかなかチャンスが無かったのですが、最後の猛獣も3月に大学を卒業出来そうなので飼う事を決めました

飼い始めて早4か月、毎日朝6時前に起きて散歩と夜帰宅してからの散歩が日課となり
健康的な生活を送っております
言葉の通じない動物とのコミュニケーションは相手が今何を考え何を欲しているのかを
読み取る事で毎日が勉強になります

バカ飼い主にならない様に気をつけてはいますが事業所で犬の写真を見せてはニタニタしているかもしれませんね

2021.03.11

633は大人の義務教育

月曜日の23時からBS-TBSにて「町中華で飲(や)ろうぜ」という番組がやっています
浅草キッドの玉袋筋太郎さんが関東圏の町中華にお邪魔して真昼間からただただ酒を飲むだけの番組です
おもしろくはないです
おもしろくはないですけど、すごく好きです
餃子とか麻婆豆腐とか普通に美味しそうです
「町中華の命、ラーメンスープ」です
こうゆう番組見ながら一緒に酒飲むのが最近すごく楽しいです
おじ化が加速度上げて進んでいます
別にいいですけど

あ、23時半から玉さんに代わって女の子が出てきますよ
茜か秋ちゃんか、どちらか選べなんてボクにはできません
女の子目当てで見てるわけではないですよ
別にいいですけど

とりあえず見てください
そして酒飲みましょうよ

あー、酒飲みてぇ

あー!
酒飲みてぇ!!
酒飲みながら書いてますけども!!

あ、最近久保は日本酒を覚えました
終わりが近付いています
よろしくどーも



名古屋事業所生産部 久保周平

2021.03.01

リヒテンシュタイン

大阪事業所 管理部の坂元です。

ハルカス美術館で開催中の「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」に行ってきました。
通勤の途中で宣伝のポスターが貼ってあり、展示の内容とポスターのキラキラとした綺麗なデザインに興味を惹かれ鑑賞してみることにしました。

タイトルの「リヒテンシュタイン侯爵家」とは、リヒテンシュタイン侯国というスイスとオーストリアの間に位置する全長約25キロ、人口約3万6,000人の世界で6番目に小さな国の当主です。
1700年代から続いていて、元はハプスブルク家に仕えていた貴族で、美術品の鑑賞や収集が趣味というところからハプスブルク家の人達と良好な関係を構築し、元々の資産を活かして領地を拡大し、一国の主となられたそうです。
農業国でしたが、現在は金融業が主な国家の収益となっていて小さいながらも豊かで美しい国という印象を受けました。

近年の当主は抜群の経営感覚で銀行経営、企業誘致や、世界の美術品、宝飾品を購入して富を増やし世界的に展示会を開催して現在に至っているそうです。
ちなみにインターネット情報では国民の平均年収が1,000万円くらいでおまけにTAX heavenだとか。なんか、羨ましいですね。

展示されていた絵画や磁器、調度品はとても美しくて量的にも見応えはありました。

調べていくうちに、他にも色々と面白い事が紹介されていてリヒテンシュタイン侯国という国がとても面白くなってきて、いつか行ってみたいなと思うようになりました。