JAPANESE / ENGLISH

ブログ

Blog

2019.11.11

最近の趣味

名古屋事業所 植野です。

今更ですがPS4を買いました。
スマホアプリのゲームはずっとやっていましたが、家庭用ゲームは15年ぶりくらいに触りました。
ドット絵じゃない!画面きれい!音もすごい!
と衝撃を受けました。
今はモンスターハンターというゲームを友人と一緒に楽しんでいます。
武器は初めのうちは太刀を使っていましたが最近弓に変えました。
弓って楽しいですね。

機会があればぜひプレイしてみてください。

2019.11.05

おすすめの映画 『チェンジリング』

第81回アカデミー賞主演女優賞・撮影賞・美術賞にノミネートされた作品『チェンジリング』。日本で公開されたのは2009年。
名優クリント・イーストウッドが監督した『チェンジリング』は1920年代に実際にあったゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元に映画化した。

事件の被害者となったシングルマザーの母親役をアンジョリーナ・ジョリーが演じる。
アメリカで80年近く前の事件だったこともあり映画『チェンジリング』では関係者全員の名前が実名で出ている。

時は1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は電話交換手として自立した生活を送っていた。
彼女は急な仕事が入り、9歳の息子ウォルターを置いて職場に行くが、家に帰るとウォルターの姿が無い事に気づく。
半狂乱になって探し続ける彼女のもとに5ヶ月後、「息子さんが発見されました」と知らせがはいる。
喜びと不安の中、彼女の前に現れた少年はどう見ても赤の他人だった。
「この子は私の息子では無い」と、ロサンゼルス市警に訴え続けるがメンツを潰されたくない警察は、
クリスティンを無理矢理に精神病院送りにしてしまい・・・・・・。

子供の失踪で幕を開け、母親のクリスティンが警察権力に対抗し、それで終わるのかと思いきや、その後に意外な展開が待ち受ける。
ネタバレになるのでこれ以上は書かないが、観ていて一瞬たりとも飽きる事が無い142分の大作です。

※観られる方は、事前にゴードン・ノースコット事件のことは調べたりせず、予備知識無しで観る事をおススメします。


大阪事業所  大山竜弥

2019.10.21

大好きな和柄

初めまして。四月に入社した渡辺と申します。
ブログを書くのは初めてなので暖かい目で見守ってください(笑)
今回は私の好きな和柄(画像1)の話をしようと思います。
和柄とは日本の文様で、浴衣や伝統工芸などに使われています。
最近はラグビーのユニフォームにも使われていますね。

和柄は平安時代初期から、中国の影響を受けつつ日本独自のデザインになったらしいです。
シンプルで規律正しく並べられた柄は、どこか見やすくて不思議な魅力があります。

デザイン会社から聞いた話なのですが、ルイヴィトンもモチーフとして取り入れたり、海外ユーザーにも人気があるそうです。

私もいつか和柄を取り入れた物をデザインして作ってみたいです。
今はものづくりを勉強しつつ、フリマへ向けたアクセサリー(画像2)を作ってます!

最近は異常気象が多いので体調不良にならないよう気を付けてお仕事頑張ります!

横浜事業所 渡辺

2019.10.11

いくつになっても

生粋の山育ちで来世は海のある所に生まれたいと思っているこの頃です。
初めまして、今年4月に名古屋事業所に入社しました桂川です。

高校までの18年間、海無し県である岐阜で育ちました。
家の周りに田んぼが広がっていて、道を軽トラが走っている絵に描いたような田舎です。
とにかくどこに出かけるにも辺りは山、山、山・・・
海を見に行こうにも車で2時間弱と、遠すぎる。川で我慢する日々でした。
なので海への憧れが人一倍強いです。
初めて海へ言ったのは小学校の頃、泊まった旅館の近くにある海で釣りをしたのを覚えています。
高校を卒業し、お金を貯めて行った沖縄でのダイビングは忘れられない思い出です。

いくつになってもやはり海は僕にとって外せない存在ですね。
ちなみに皆さんは海派ですか?それとも山派ですか?
どちらにせよ、自然にふれるとリフレッシュ出来ますよね。
沖縄の次は北海道の海も見てみたいなあ。
北海道の海をバックにハンモックに横になりたい。ベタか・・・

2019.10.07

棚田百選 あらぎ島

日本の棚田百選に選ばれているあらぎ島です。
四季折々の様々な景色が見れるのですが、7~8月頃のこの景色が個人的には1番かなと、
秋になり稲穂が育った景色も非常に美しいですし、
この時期には夜間に竹灯籠を使ったイベントも行われるそうでいつか見てみたいです。
大阪から約2時間ここ以外には興味を引くものが無いので、中々重い腰が上がらないですが、
行く気になればまた行って見ようと思います。

大阪事業所 生産部 安野