JAPANESE / ENGLISH

ブログ

Blog

2017.07.04

展示会を目標に

子供の頃から模型作りを始めて、気が付けば四十年近く続けてる趣味に。
初めは色も塗らず組み立てただけで満足していた模型も作る毎に欲が出て、徐々に手を加えるようになりました。
筆塗から始めた塗装も、色々試して失敗を重ねて何とか塗れるようになりましたが、
世の中にはまだまだ私の知らない塗装方法もありもっと試していきたいと思います。

上海赴任中も模型の趣味は止まることなく続けていました。
ただ、上海では模型用塗料がなかなか手に入らず製作に苦労しました。
その中で塗料を使わず満足いく模型を作るためにはどうするか考えた結果、「デジラマ」にたどり着きました。
「デジラマ」とは「デジタルジオラマ」の事で、プラモデルと実写を合成してまるで実在してるかのように見せる事です。
これも何回も失敗を重ねて何とか人様に見せれるようになりました。
写真は上海滞在中に製作した「デジラマ」です。

今の目標は十一月に開催されるイベントに自分の模型を展示することです。
まだまだ、製作が追い付いてませんがイベントに間に合わせるように作りたいと思います。


大阪事業所 橋本

2017.06.23

緊急告知です!

横浜事業所では、営業職を募集しております。
7/6(木)まで、リクナビNEXTに掲載しています。

あなたは下記のようなタイプですか?

・新商品はついチェックしてしまう方だ
・車のスクープ雑誌の内容はけっこう気になる
・大きな家電量販店に行くとワクワクする
・品物のデザインはけっこう重視する
・実際に製品を造っている現場を見てみたい

1つでも該当していたら、素質があります!
応募してみませんか?

経験や知識は無くても、興味とやる気があれば大丈夫です!

ご応募はリクナビNEXTから受け付けております。
よろしくお願いいたします!

横浜事業所 佐藤

2017.06.12

PING

名古屋事業所 嶋田です。

2年半ほど前からゴルフを始め、熱中するあまりに生活の一部の様になっています。
今回は私が主に使用しているゴルフクラブメーカーのPINGを紹介します。

世界的大企業であるGE(ゼネラルエレクトロ二クス)の技術者だったカーステン・ソルハイム氏が
ゴルフ熱をあげるあまりに苦手だったパターを克服するためにカルフォルニア州レッドウッドシティにある自宅ガレージでパタークラブの製作を始めた事が発端。
1958年「1-A」と呼ばれる最初のパターが完成する。このパターの打音がピーンと聞こえたことが社名となった「PING」の由来といわれています。
(後にアリゾナ州フェニックスに移住。現在本社もフェニックスにあります。)
現在では様々な革新的なゴルフクラブを世に出すメーカーとなり世界的な知名度と地位を得ましたが、
創業当初は革新的過ぎて多くのゴルファーから敬遠されていたそうです。
そのことに悩んでいたカーステンに妻であるルイーズは「それがあなたの出した“答え=Answer”でしょ」と
彼に伝え、後にパターとして希代の名器となった「ANSER」の名の由来となったそうです。
(パターに刻印を入れる際にANSWERでは入らず、Wを抜いても同じ発音になるANSERになったそうです。これも妻のルイーズのアイデアだそうです。/写真上)

私の使用するパターの名は「KARSTEN TR ANSER5」 (写真下)
創業者の名と希代の名器であるANSER名を受け継いだパターです。
由緒あるパターを使ってもスコアは決して良くならないのがゴルフ。
簡単には上手く行かないから面白いのでしょう。老若男女が同じステージでプレーし競い合えることも魅力なのかもしれません。
ゴルフを始めてから様々な人達と知り合いになり、交流機会と交友関係が増えました。
敷居の高いスポーツに思われがちですが、意外と優しく始めることが出来ます。
ご興味のある方はぜひ ゴルフの世界に飛び込んでみてください!

2017.06.01

サッカー少年はいま

49年前のメキシコオリンピックで銅メダルに輝いた日本代表に引き寄せられるように、
翌年中学校入学と同時にサッカーを始めた。情報も乏しい中、サッカー部顧問の先生に
言われるまま蹴って、止めて、走ることに夢中になっていた少年がいました。


2017 年1 月1 日、市立吹田サッカースタジアム。
そこには「第96 回天皇杯決勝」鹿島アントラーズ対川崎フロンターレの一戦を家族5 人で観戦する彼がいます。
準々決勝で敗退したホームチーム「ガンバ大阪」の悔しさを胸に、ピッチを見つめていました。(写真1)


そして、4 月29 日、宝塚市立花屋敷グランドサッカー場。
北摂シニアリーグ第4 節のゲームに、心を少年に戻して(体力は戻らないが)走っている彼の姿があります。(写真2)
 
まだまだこれからという気持ちのようです。



管理本部 小野でした。

2017.05.22

音楽は楽しい

二ヶ月前になりますが5 年ぶりにLIVEをしてきました。

声がかかってから4 ヶ月・練習6 回(12 時間)メンバー4 人が揃った練習は本番前のリハーサルだけ。

演奏曲はSparks GO GO というバンドの曲で聞いたことは有るが演奏は初めてで、
最初は体が思うように動かず時間だけが過ぎていき焦りが募るだけだったがステージに上がってしまえば
昔を思い出し緊張感も心地よさに変わり楽しいなと思いつつ、、、、、あっという間に終了。

やっぱり楽しいなぁと余韻に浸っていたら対バンの友人からオジー奏るかとの声がかかり
今ではLIVEの予定は無いものの月一程度で音合わせを始めたところです。
中学の時に初めてBANDを組んだメンバーなので80 年代の洋楽が中心。


期会が有ればその後の話でも出来れば、、、、、


 因みにポケモンGOはまだ続いてます。お腹も邪魔にならなくなった気はしています。


横浜事業所 友成