JAPANESE / ENGLISH

ブログ

Blog

2019.02.28

弓場、という名字について

横浜事業所の弓場です。

みなさんの周りに珍しい名前の方などいますか?
ふと考えると、私の名前も珍しい?かもと思い、スマホアプリで名字の由来をインストールして調べてみました。

弓場:(ゆみば、ゆば、ゆみじょう、ゆうば、きゅうば、ゆんば)
全国順位:3013位
全国人数:およそ4400人

解説
大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県などに多く、
京都府綾部市がルーツ。弓にまつわる伝説や職人の住む地域が語源。

らしいです。
珍しいから少ないのかなっと思ったら、4400人もいるんだとビックリしながらも実は、家族以外で
2人、弓場に遭遇しています。
その時は、二人ともゆばさんでした。

みなさんも全国で自分の名前が何位に入っているか調べてみてはいかかでしょうか。

2019.02.12

癒しは、食

2019年も1ヶ月以上過ぎました。
皆さん毎日をいかがお過ごしでしょうか。
名古屋事業所生産部 久保です。

仕事仕事の毎日の中でなによりの癒しは

 食

ではないでしょうか。
数年前からよく通っているお店に“仙石寿司”というお店があります。
普通のおすし屋さんなのですが、土曜日のランチがなかなかにすばらしい。
海鮮丼のボリュームがえげつない。
そして美味い。
そして安い。
お寿司のネタの余ったところを使っているだけなのでおいしさも変わらないし安い。
ランチは11時半からなのですが、基本的にはその時間にすでに並んでいる人がいます。
12時くらいに行っても1時間くらい待たされることもあります。
13時前にはランチ終了と言われることもよくあります。
サッカー観戦の関係でほぼ毎年清水のマグロを食べるのですが、そこの海鮮丼より遥かにボリューミーで美味しいです。
名古屋駅から歩いて10分もかからないところなので名古屋にお越しの際は食べてみてはいかがでしょうか。

2019.02.02

仕事のスキル

私の4歳になる息子は、恐竜・むし・生きものが大好きです。
夏、カブトムシ・クワガタムシを捕まえて飼育していましたが、寿命を迎え死んでしまうと悲しそうにしていました。
私が幼い頃も同じ様な思いをしたなぁと、そこで何かしてあげられないかと思い立ち作ってあげたのが、この昆虫標本です。
普通の標本だと触れないし、面白くないなぁと思い透明樹脂の中に封入してみました。
標本の個体は当然1つしかないし、失敗出来ない。普段の仕事でもこうゆう場面は結構あります。
試作業という仕事柄、その経験を活かし試作を経て本番に挑みました。我ながら初めてにしては上々の仕上がりです。
息子に渡すと大喜びで色々な角度から眺めたりして遊んでいました。夜、握りしめながら寝たりしていました。
何処の家庭の子供も親の仕事は知っていても、中身はなかなか見えにくいものです。
今回、目に見える形で家族に還元する事が出来た良いきっかけだったと思います。
次回は何にしようかなぁ。

大阪事業所  寺本

2019.01.31

これがほんとの、、、「マジ ○○○!?」

毎度おなじみ私がよくプレーするゴルフコースを紹介するこのコーナー、

第二弾となります今回は、近年世界遺産となりますます人気が出てきたような雰囲気が感じられる
霊峰富士を真近に見れるコースになります。

見てください!この迫力!!この大きさ!!おそらく富士山に一番近いゴルフ場だと思います。
地元の私が言うんだから間違いないでしょう。

富士山なんて地元だから散々見てるので、感動も薄くなりがちなんですが、
至近距離からのこの迫力は別格です。

新幹線辺りから富士山見て感動されてる方など見てると、こういった近くから見る富士山も
見せてやりたいものです。

あと、気になるのがコース内にあるこの不思議な模様、、、

なぜこの形のバンカーにしたのでしょうか、、。

毎回コース回る度に気になります。

ではまたレポします。


横浜事業所  深澤

2019.01.11

写真が好きで

写真が好きでよくライブ撮影を依頼してもらったり、友人や仲の良いミュージシャンを撮ります。

自分は大学時代に授業で暗室作業が出来る環境でスタートしました。
なので写真は記録を残すと言うよりも作品としての撮影と言う意識が強いです、卒業後も自宅の風呂場に簡易的な暗室を作ってモノクロ写真を続けてました。
当時はデジカメも登場したばかり、画素数も20~30万でとても使いたいと思う代物では無かった記憶があります。

しかし…アナログのフィルムからデジタルへの返還はどんどん進み、自己現像で使う薬品や印画紙の入手が面倒だったり、忙しくなり被写体になって貰ってた友人達とも距離が出来てしまい、次第に写真から遠ざかってました。

デジタルは余り好きでは無かったのですが、一応デジタル一眼レフは持ってましたし、たまに使ってはいましたが、当時のように積極的には撮らない日々。

カメラはペンタックスをずっと使い続けていて、年が明けたので一昨年の夏、デザインが気に入って新しいデジカメを購入しました
ペンタックスKPと言うカメラです。
特に高性能ではなくはなく、機能的には高感度に強くて暗い場所でも強いぐらいのいわゆる中級機です。しかし…本当に使ってて楽しい!。
気に入って持ち歩くようになり、撮影機会も増え、それが切っ掛けで仲良くなった人達もいます。

最近ではアナログ時代よりもシャッターを切ってると思います、道具を換えることでここまで行動に変化が出来るのは驚きでした。
デジタルなのでずっと使い続けるのは無理でしょうけど、なるべく長く付き合っていきたと思います。



名古屋事業所表面処理 須藤